【MRJ最新情報】初飛行、11月に再延期/2015.10.23 時事ドットコム

[カテゴリ] 旅客機 航空機最新情報 MRJ


MRJ(Mitsubishi Regional Jet)初飛行、11月に再延期==MRJ、ペダルの改修で-三菱重工など
三菱重工業と子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は23日、開発中の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の初飛行を、11月9日の週に再延期すると発表した。10月26~30日のいずれかの日に予定していたが、操舵(そうだ)用ペダルを改修する必要が生じたため。飛行計画の延期は、5度目となる。




改修するのは、垂直尾翼を動かして飛行機の機首を左右に動かすためのペダル。左右の操縦方向を拡大する目的で、ペダルの部品交換を行う。両社は「来週前半には飛行許可取得に向けた国土交通省の飛行前審査を受ける予定で、許可取得後に高速走行試験を実施し初飛行に備える」とコメントしている。
三菱重工などは今年4月、初飛行の時期を従来の4~6月から9~10月に延期した際、全日本空輸への量産初号機の納入時期は、従来計画の2017年4~6月を維持する方針を示していた。試験飛行時期の再度の延期で、初号機の納入スケジュールが一段と厳しくなる。
2015.10.23 時事ドットコム



MRJとは?
MRJ(Mitsubishi Regional Jet) は三菱航空機株式会社が開発中の次世代リージョナルジェット機。世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、最新鋭エンジンの採用により、大幅な燃費低減を実現するとともに、騒音、排出ガスも大幅に削減。また、1列4席の配置、大型のオーバーヘッド・ビンの装備、新型スリムシートなどの採用により、これまでのリージョナル機にはない快適な客室空間を実現しているのが特徴。最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備えることで、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献できる点をアピールしている。[続きを見る]

≫ MRJ について
≫ MRJ 関連NEWS一覧
≫ MRJの関連商品をAmazon.co.jpで探す
≫ MRJの関連商品を楽天市場で探す


MRJロールアウト式典の模様(共同通信) 
 



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック